自己破産手続きの目安

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 悩み相談室 » 私は当てはまるの?自己破産手続きを利用する場合の目安を確認しよう

私は当てはまるの?自己破産手続きを利用する場合の目安を確認しよう

Pocket
LINEで送る

自己破産とは全ての借金を清算するための制度となっており、法律事務所などに依頼をすることで手続きを進めていくことができます。

債務整理手続きに関してはいくつかの方法が存在しますが、一体どのような方々が自己破産手続きの利用対象者となっているのでしょうか?

そこで今回は、自己破産制度を利用する場合の大まかな目安について詳しく紹介していこうと思います。



自己破産手続きの目安





自己破産手続きを利用する際の目安


自己破産手続きを利用する場合の目安としては大きく2つ方法が存在します。

  • 返済能力の有無
  • 資産と借金の比較


返済能力の有無
『自分自身で借金の返済が困難になった』ということが大前提となります。具体的にはあなた自身の返済能力と照らし合わせて適用可能かどうかを判断します。

まずは家計の収支をチェックして、返済に回せる毎月の金額を計算しましょう。そして、3年分でどれくらいの金額になるかを計算します。例えば1ヶ月に借金に回せる金額が4万円だとしたら144万円となります。

現在抱えている借金の残高がこの算出された金額を下回っていたら、特定調停や自己再生などの再建型を選択することになります。

その一方で、借金の残高の方が上回っていた場合は自己破産を選択することになります。


資産と借金の比較
もう一つの目安は自分の資産と借金の額を比較して、どちらが上回っているかで判断する方法です。

例えばあなたが賃貸マンションに住んでいて、貯金が150万円あるという人は全資産が150万円となります。(持ち家に住んでいる場合はその持ち家の価値も資産として計上します)

そして現在450万円の借金をしている場合は、差し引き300万円のマイナス(貯金150万円-借金450万円=△300万円)となるので、自己破産をするべきだという判断になります。

その一方で持ち家を所有していて、その財産価値が1,000万円だとすると、持ち家を売却することで借金を返済することができるので自己破産をする必要がないと判断されます。





一定範囲内の財産を保有することができる


また、自己破産手続きを実施すると、現在保有している財産を没収されることになります。

現金・預貯金はもちろん、不動産や自動車、保険の返戻金なども没収されてしまいます。

全ての資産が没収されるわけではありません。一般的には99万円以下の現金であれば保有することができます。

さらに資産価値20万円以下の所有物(車など)も保有できるなど、当座の日常生活に必要なものは所有できますが、この基準を超えた資産はマイホームも含めて全て手放さなければいけません。





債権者からの取り立てや催促がなくなる


自己破産を利用する際におけるその他のメリットとして、債権者からの取り立てや催促というものが無くなります。

これによって精神的に安定することが多いため、利用することで大きなメリットを得ることが出来るようになっています。





免責許可が下りる主なケース


自己破産手続きでは免責許可を得られるかどうかが大きなポイントとなります。つまり裁判所で免責許可を得ることができなければ、現在抱えている借金は免除されません。

免責許可が下りる主なケースとしては、急に勤務先の業績が悪化して失業などをして住宅ローンなどの借金を返済することが出来なくなった場合です。

またこの制度を利用する目安としては、実際の給料の数十倍以上の借金がある場合が該当します。

なので月収が20万円前後ある場合においては、300万円~400万円以上の借金を抱えている際に利用を検討してください。

その一方でそれ以下の借金の場合には、その他の債務整理の方法を活用して返済をしていく方がメリットがあるケースが多いです。





免責許可が下りないケース


しかし借金をした理由によっては、期待しているように免責許可が下りないケースもあります。

例えば、競馬や競輪やキャバクラといった浪費が原因で借金が出来てしまったケースが挙げられます。

このような場合にはあまり心証も良くないことが多いため、自己破産手続きを行っても免責が認められないことがあるので注意が必要です。


※ギャンブルの借金における自己破産手続きの詳細ページ
⇒ ギャンブルが原因でできた借金の場合でも自己破産手続きは可能なの?






まとめ


確かに自己破産手続きを実施することで借金が免除されるなどのメリットがある一方で、財産を失うなど色々と日常生活において制限を受けるデメリットも存在します。

そのため、今回紹介した目安水準を参考にしながら、債務整理において自己破産手続きが一番適切な方法なのかどうかを確認してから申し立てをするようにしてください。






Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー