債権回収会社からハガキが届く

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金の体験談 » 借金の返済遅延をしていたら債権回収会社からハガキが届く様になりました

借金の返済遅延をしていたら債権回収会社からハガキが届く様になりました

Pocket
LINEで送る

消費者金融などから借入をしてその返済が滞ってくると、やがてその債権は債権回収会社に移行することになります。

この債権回収会社は俗に『サービサー(Servicer)』と呼ばれ、消費者金融から安く買い取った債権を利用して、債務者に返済を要請する会社です。



債権回収会社からハガキが届く





消費者金融から督促状が届きます


かくいう私もこの債権回収会社からハガキが届くことになり、何回かこのような会社に対して借金の返済をしていた経験があります。

消費者金融の返済が滞り始めると、まず消費者金融は債務者本人に対して返済するように督促を行います。

それでも返済ができないと『利益の期限の喪失』といって、分割払いの利益を失ってしまい借り入れた金額とその利息、そして遅延損害金を一括で支払うように催告書を送付してきます。





債権回収会社に譲渡した通知が届きました


それでも借金を返済しないでいると、やがて消費者金融は会社が持っていた債権をこの債権回収会社に譲渡してしまいます。

つまり消費者金融はいくらかでも債権の回収を行うために債権回収会社に債権を売ってしまうのです。

そして消費者金融から、借りたお金の債権を回収会社に譲渡した旨の通知を債務者に送付することになります。

実際に私もこのような手順で、自宅に通知が届きました。

私は借金が回収会社に移ったのかというぐらいの感覚でしたが、しばらくたってこの回収会社から譲渡された旨の通知と債務を一括で返済するように通知が来ました。

連絡先も書いてありましたので連絡を入れてみましたが、回収会社は「一括でなければダメ!」の一点張りで全然話に応じてくれませんでした。





債権回収会社から訴えられました


いくら「ないものを払え!」と言われても実際に支払うことは不可能なので、そのまま放っておいたのですが、その後裁判所から私の自宅に特別送達が届くことになってしまいました。

つまり私は回収会社から債務を返済するように訴えられたわけです。口頭弁論の期日や、弁論が行われる部屋まで細かく記載されてありました。

私は初めてこのような書類をもらったので気が動転してしまいましたが、書類の中には「貸金業者と話し合って解決することもできる」という内容が書かれた用紙も入っていました。





分割払いを提案されました


さっそく私は債権回収会社に電話をして相談しましたが、以前と違って今度は分割でもいいようなことを話し始めるではないですか…。

裁判所に提出する書類に分割希望と書いて毎月3万円ずつ何回かで払うということを書くように要請されました。

つまりこの書類を裁判所に提出して和解しようということです。

私は口頭弁論に出席はしませんでしたが、その後裁判所から通知され回収会社と話した分割の金額や回数が決められたものが送られてきました。

その後、裁判所で決められた金額を支払い続けて、2年前に全て完済することができました。


(45歳・埼玉県)




Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー