借金返済

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 悩み相談室 » 

安心してください!うつ病を患っていても個人再生を申し立てることは十分可能です

個人再生とは、何らかの理由で借金を抱えてしまった方が借金の返済が困難になって債務整理をする際に、利用できる制度の1つであり、一般的には司法書士や弁護士の力を借りて行うことが特徴です。

個人再生の申立てをすることで借金の返済額を減額させることが可能になりますが、条件として債務者自身に『一定の収入があること』が前提条件となっています。



うつ病でも個人再生はできる


個人再生手続きはアルバイトやパートタイマーでも利用できるか不安です

個人再生手続きは、正社員として勤務している方以外にアルバイトやパートタイマーの方でも利用できる債務整理の手段となります。

まず個人再生手続きの利用要件として、「将来において、継続的にまたは反復して、収入を得る見込みがある者が利用することができる」という要件があります。

つまり、必ずしも正社員である必要はなく、この要件を満たすのであれば、アルバイトやパート、派遣社員の方でも個人再生を利用することが可能だということです。



アルバイトでも個人再生はできる


不安です!任意整理を実施して貸金業者と和解できない場合はどうなるの?

一般的に任意整理手続きは債務者に定期的な収入があり、残りの借金を3年程度で完済できる場合に採用される債務整理方法です。

しかし、中には任意整理をする際の借金の状況次第で、清算する金額や返済計画が折り合わずに貸金業者と和解できないことがあります。



任意整理で和解できない場合


一人で悩まないで!多重債務の借金地獄から脱出する方法は2つあります

いわゆる『多重債務』とは、複数の債務を同時に抱えている状態のことを指します。

一度、多重債務に陥ってしまうと借金を完済するのは非常に困難となり、最終的には債務整理をすることになるケースが大半です。



多重債務から脱出する方法


私は当てはまるの?自己破産手続きを利用する場合の目安を確認しよう

自己破産とは全ての借金を清算するための制度となっており、法律事務所などに依頼をすることで手続きを進めていくことができます。

債務整理手続きに関してはいくつかの方法が存在しますが、一体どのような方々が自己破産手続きの利用対象者となっているのでしょうか?

そこで今回は、自己破産制度を利用する場合の大まかな目安について詳しく紹介していこうと思います。



自己破産手続きの目安


不安です…自己破産手続きをした後の生活は一体どうなるの?

自己破産手続きを検討している方の中には「今後の日常生活がどうなるのか…」と不安に感じる方がいます。

そこで今回はそんな不安を感じる方々の質問に答えるべく、自己破産手続き後の生活に関して詳しく見てきましょう。



自己破産手続き後の生活


第三者が借金を肩代わりする必要はないの?第三者請求に関して詳しく解説

借金をする場合は債権者と債務者との契約となりますが、第三者が介入するケースも存在します。

そこで今回は借金の返済をする際に第三者が介入するケースを詳しく解説していこうと思います。

貸金業者などの債権者が債務者ではない第三者、つまり本人以外の人物に対して返済を求める行為のことを『第三者請求』と呼びます。

第三者請求行為は貸金業規制法21条によって禁止されています。



第三者請求


もし自分が死んだ場合、残った借金は誰が返済することになるのですか?

貸金業者などから借金をしている方の中には「もし、自分が死んでしまったら借金はどうなるの?」と疑問に思ったことは一度や二度はあると思います。

また、奥さんや子供がいる場合など、残された家族に迷惑がかかるのではないかと不安になることもあります。

借金をしている際に不慮の事故や病気で死んでしまった場合、残った借金はどうなるのでしょうか?



死んだ後の借金返済


ほっておいても大丈夫?借金の返済が遅れた場合はどうすればよいの?

消費者金融や銀行などで借入をすると、契約時に決められた一定の金額を期日内に返済していかなければいけません。

毎日仕事で忙しい日々を送っている方々の中には、うっかりして返済日を忘れてしまうケースもあります。

万が一、返済日に決められた金額を返済することができなければどうすればよいのでしょうか?



借金の返済が遅れる


知人に「連帯保証人になってくれ」と頼まれましたが承諾しても大丈夫ですか?

保証人が債務を負っている当人と連帯をして履行する契約を結んだ方を『連帯保証人』と呼びます。

中には「軽い気持ちで連帯保証人となってしまったばかりに、借金の返済の取り立てに苦しむことになった…」という話もよく耳にします。

連帯保証人とは一体どのような責任を負うのでしょうか?



連帯保証人


最近の投稿
カテゴリー