借金返済

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » よくある質問 » 

個人再生手続きにおける清算価値保障ってどういう意味なの?

債務整理の一つである個人再生手続きを検討する際は『清算価値保障の原則』が適用されることになります。

日常生活を送っている際にはあまり聞き慣れない言葉ですが、一体どのような内容の原則なのでしょうか?



個人再生における清算価値保障


生活保護受給者でも借金をすることはできるの?

生活保護受給者は、基本的には生活保護費を借金返済に充てることはできません。

もちろん『借金返済をしてはいけない』という法律があるわけではありませんが、常識的に考えて『借金の返済はできない』というのが一般的な見解です。



生活保護受給者の借金


任意整理後の生活は一体どうなるの?日常生活に支障が出るか気になります

任意整理は、債務整理のひとつで弁護士や司法書士に仲介してもらって、債権者と直接交渉して任意に債務を減らしてもらう法的手続きのことです。

任意整理を選択して債務整理を実施する場合は裁判所を通さないので、官報などに掲載されることはありませんし、整理対象の業者に関しても個別に選べるメリットがあります。

このため住宅ローンなどの債務を整理せずに消費者金融からの債務だけを整理するといったことが可能になります。



任意整理後の生活


何が違うの?任意整理と過払い金返還請求の違いをわかりやすく解説

債務整理の方法は数種類用意されています。

その中の一つの方法である任意整理と過払い金返還請求を混同している方も少なからず存在します。

そこで今回は任意整理と過払い金返還請求の違いに関して分かりやすく解説していこうと思います。



任意整理と過払い金返還請求の違い


収入がない専業主婦でも任意整理をすることができるの?

借金をしている専業主婦のうち、およそ4割は旦那に内緒で借金をしていると言われています。

旦那に内緒で借金をしているので、返済をしていく際にも旦那の協力は得られません。

そのため、専業主婦が借金の返済に困った時に、債務整理をすることができるかということが大きな問題となります。



専業主婦の任意整理


個人再生を実施した後のクレジットカード発行はいつから可能なの?

個人再生とは、裁判所を通じて行なわれる債務整理手続きの1つで、主に借金の減額を目的として手続きされます。

「債務者が抱えている借金を減額することで、多重債務に悩まされている人の再生を図る」という点から個人再生と呼ばれています。

この手続きを行うことで、住宅を守ることができるという特徴があります。

これは返済の義務が残っているためですが、ローン残高の状況や資産価値によって残すことができるかどうかが決定します。



個人再生を実施した後のクレジットカード発行

任意整理を申し立てた後どのようにして返済をしていくことになるの?

任意整理は他の債務整理手続きと違い、裁判所を通さずに債権者(貸金業者)との直接交渉となります。

そのため、個人ではなかなか難しいため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼して交渉してもらうケースが多いです。



任意整理後の返済


えっ!遺産相続をする際に借金も相続しなければいけないって本当なの?

遺産相続では、被相続人が生前に持っていたあらゆる権利義務を包括的に承継します。

ただし、労働契約における労働者の地位や、生活保護受給権のような一身専属的な権利義務は除きます。

また、被相続人に借金などの債務があった場合には、その債務も引き継いで相続することになります。

プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多い場合など相続をしたくない場合には、一定の期間内なら相続をしないという選択肢をとることもできます。



遺産相続


自己破産の申立てをした後でも過払い金の返還請求をすることはできるの?

多額の借金を抱えていて自力での返済が困難であるという場合には、自己破産を検討することも一つの方法です。

自己破産の手続きを行い、裁判所に認められた場合には返済義務が免除されますので、借金をゼロにすることができ、一から生活再建に取り組むことが出来ます。

例えば、自己破産後においても、抱えていた借金に過払い金が発生していた事実を知った場合、返還請求を実施することは可能なのでしょうか?



自己破産後の過払い金返還請求



いくらかかるの?過払い金返還請求を依頼した際の弁護士報酬の相場とは

消費者金融などの貸金業者から借入やキャッシングを行なうと、元本の返済と利息の支払いが必要になります。

この利息は、法に遵守する範囲で貸金業者が自由に設定することができます。

現在の日本では、利息制限法が利息の上限を定める法律となり、借入元本に応じて、次のように定められています。

  • 元本が10万円未満の場合の上限は年利20%
  • 元本が10万円以上で100万円未満の場合の上限は年利18%
  • 元本が100万円を超える場合の上限は年利15%



最近の投稿
カテゴリー