借金返済

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » 

カードローンの借りすぎに注意をしよう!多重債務に陥る恐れがあります

テレビCMや電車のつり革広告などでカードローンの広告を目にすることが増えています。

以前まではプロミスやモビットといった消費者金融のカードローンが大半でしたが、最近では三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行カードローンの露出度もアップしています。

カードローンは非常に便利な金融商品なのですが、使い方を間違ってしまうと必要以上に借りてしまい、返済できなくなる恐れもあります。

このカードローンの使いすぎによって借金返済に苦労している方が増えているということがニュースにもなっています。


借金の悩み



カードローンの特徴


まずはカードローンとはどのような商品なのかについて詳しく見ていこうと思います。

カードローンはカードを利用してATMなどからいつでもお金を借りることができます。

通常のローン商品はお金を借りる度に審査を受けることになるのですが、カードローンの場合は一度審査を通過すれば、承認された利用限度額の範囲内で何度でも借入をすることができます。

引用

カードローンの専用カードを利用して利用限度額の範囲内であれば何度でも自由に借入をすることができます。

その他のローン商品のように借入をする度に審査を受ける必要がありません。

出典記事:カードローンは危険なの?メリット・デメリットを詳しく解説





使い途は自由です


カードローンで借りたお金は基本的に自由となっています。何か欲しい物を買いたいために利用したり、旅行に行く資金が足りない時に利用したり、生活費が足りなくなった場合に利用することができます。

但し、事業性資金には利用できない商品が多いです。事業で利用したい場合はビジネスローンや個人事業性向けローンなどを利用して下さい。



生活費に使用する場合は要注意


旅行資金に利用したり、ショッピング(アクセサリーや洋服など)を購入するために利用する分にはそれほど心配する必要はありません。

その一方で生活費を補填するために利用する場合は少し注意が必要です。

なぜなら、生活費は毎月必要になるためです。

一時的に利用する場合は今後は借りたお金を利子を上乗せして返済すればよいのですが、生活費は毎月発生するので継続してお金を借りる必要があります。

返済するお金と新たに借りるお金がほとんど変わらないのでいつまで経っても完済することができません。

また、利子が上乗せされるので、どんどん借入金額が増加して、最終的には返済できないくらいの金額に膨れあがる恐れがあります。




返済ができなら法律事務所に相談しよう


カードローンで借りたお金を返済できなくなると、新たにカードローンを申し込んだり、クレジットカードを申し込んで返済しようとします。

そのような状態を多重債務と呼びます。多重債務になってしまうと借金を返済することが難しくなります。

複数の借金を抱えていると、さらに借金が膨れあがります。

そのような事態に陥ってしまった場合はできるだけ早く法律事務所に相談に行くことをおすすめします。

弁護士事務所や司法書士事務所では借金の返済が困難な場合に債務整理手続きを実施してくれます。

債務整理手続きとしては任意整理や個人再生、自己破産手続きなどが挙げられます。

あなたの借金の状況や返済能力に基づいて適切な方法をアドバイスしてくれます。



カードローンの使いすぎに注意しよう


上述しているように、カードローンは非常に便利な商品ですが、使い方を間違ってしまうとどんどん借金が膨らんで返済できなくなる恐れがあります。

カードローンを利用する場合は事前に入念に返済できるかどうかを検討してから借入をするようにしてください。



貸金業者から借金ができない場合に闇金からお金を借りる行為は危険です

一般の消費者金融は金融庁の許可をとって営業を行っています。

また各地で営業を行うときには貸金業の許可を各自治体からもらわなければ営業を行うことはできません。

営業の利益に直結する貸付金利も法律により最大の金利数値が決められています。

この決まりを守らないと法律に触れ営業ができなくなってしまいます。

ですから各金融会社は貸付金利を法律の範囲内に定めて営業をしています。



闇金からの借金は危険


借金返済を延滞していると裁判所から支払督促が送られてくる場合があります

貸したお金をなかなか返してもらえなかったり、支払われるべき料金を払ってもらえないときに、よく債権者が「法的手段に出る」と言われますが、その法的手段にも様々なものがあります。

例として、支払督促、少額訴訟、通常訴訟、手形・小切手訴訟、民事調停、公正証書による強制執行などがあります。

今回は支払い督促に関して詳しく解説していこうと思います。



裁判所からの支払督促



住宅ローンに加えて他の借金を抱えている場合は個人再生手続きを検討してください

多くの人が住宅ローンを組んでマイホームを購入していますが、マイホームを購入した後になってからローン返済を予定通りに続けていけない状況に陥ってしまうケースがしばしばあります。

住宅ローンを組む際には、資金を貸し付ける金融機関がかなり厳しい審査を行ないます。



住宅ローンがある場合の個人再生手続き


任意整理の和解交渉を行う際には懈怠約款が付与されるケースが大半です

債務整理とは、現在の抱えている借金を減らし債務者の負担を軽減する法的手続きのことで、代表的な債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。

特に一番多く利用されているのが任意整理手続きです。



任意整理の懈怠約款


過払い金は利息制限法に基づいて引き直し計算方法で算出されます

過払い金は借金をした理由に関係なく、条件が揃えば取り戻すことが可能です。

ギャンブルやブランド品のために借金をした場合でも、過払い金が発生していれば取り戻すことができます。

たとえ支払った金額が過去の古い取引でも、さらには契約書と取引明細もない場合でも過払い金が発生している可能性があります。



過払い金の計算方法


知っていましたか?借金で支払う利息も税金の控除対象になります

当然のことですが、消費者金融などで借金をすると毎月返済をしていかなければなりません。

その返済金額にはもちろん貸金業者が設定する金利(利息)も合わせて支払いを行わなければならない決まりになっています。

一か月単位で見てみると少ない金額かもしれませんが、一年を通すと相当な金額になっていることはよくあることです。

特にカードローンやフリーローンなどを利息は住宅ローンなどと比較しても高い数値に設定されているケースが多いです。



借金の利息も税金の控除対象


借金を滞納していると裁判所から差し押さえ命令が出る場合があります

必要に応じて貸金業者からお金を借りること自体は、悪いことでも何でもありません。

『借金』という言葉に根強いマイナスイメージを持つ人がたくさんいますが、住宅ローンを利用してマイホームを購入するのも、クレジットカードを使ってショッピングをするのも、借金の一種であることに何ら変わりはありません。

しかしその一方で、住宅ローンを組むことやクレジットカードを利用してショッピングをすることに対し、悪い印象を持つ人はほとんどいません。



裁判所からの差し押さえ命令


複数ローンの返済に苦しんでいるならおまとめローンを検討しよう

最近、借金で苦労している人で多いパターンは、銀行や消費者金融などのカードローンでキャッシングを利用している人です。

利用限度額の範囲内であれば気軽に何度でも借りることができるため、必要以上の借入をしてその結果、返済日に必要な金額を支払えなくなってしまうのです。



おまとめローンで返済


銀行ローンを利用する方は要チェック!代位弁済の仕組みと実施される主な流れ

代位弁済とは、保証人(主に保証会社など)などの第三者が債務者の代わりに借金を肩代わりすることです。

代位弁済が実施されると、その代位弁済者が自動的に債務者の借金を引き継ぐことになります。



代位弁済


1 2 3 5
最近の投稿
カテゴリー