多重債務

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » 真面目な人ほど要注意!多重債務に陥るケースとその対策を紹介します

真面目な人ほど要注意!多重債務に陥るケースとその対策を紹介します

Pocket
LINEで送る

世の中には多重債務で苦しんでいる方々が大勢います。多重債務とは、貸金業者2社以上から借入をしている状態のことを指します。

多重債務は決して他人事ではなく、クレジットカードやカードローンなどの金融商品を利用している方なら誰でも可能性があるのです。

例えば何気なくローンを利用した際に、何らかの事情で返済期日までに返済することができずに、やむを得ず他社のローンを申し込んで返済に充てることによって多重債務になる方が多いです。

多重債務の状態になると、あなたの知識や努力だけで解決することは非常に困難になります。



多重債務に陥るケース





多重債務に関する消費生活相談件数


PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク)を通じて全国の消費生活センターから寄せられた多重債務に関する相談件数は下記のとおりです。


多重債務に陥るケース


平成20年度をピークにして徐々に減少傾向となっていますが、依然として約3万件程度の相談が寄せられているのが現状となっています。





多重債務に陥る典型的なケース


多重債務に陥ってしまう典型的なケースは下記のとおりです。

  • 計画性のないクレジットカード利用
  • 連帯保証人になった
  • 失業や倒産をした
  • 借金返済が困難になった


計画性のないクレジットカード利用
便利なクレジットカードですが、返済能力を考えないで買い物をしてしまうと決済時に返済できなくなり、キャッシングを利用して返済してしまうことで多重債務に陥るケースがあります。


連帯保証人になった
知人や友人の連帯保証人となってしまい、本人は事業などに失敗して夜逃げをして残った借金の返済をしなければならなくなり、カードローンなどを利用してその借金を返済することで多重債務になるケースです。


失業や倒産をした
勤務先の業績悪化で失業したり、事業が倒産した場合です。子供の養育費や住宅ローンなどを支払っていくために複数の貸金業者から借金をして多重債務に陥るケースです。


借金返済が困難になった
毎月の給料で返済できると考えて何気なく借金をした際に、本人あるいは家族の事故・病気などで予定外の出費で返済できなくなり、高金利のキャッシング商品に手を出して多重債務に苦しむケースです。





多重債務に陥らないための心構え


多重債務に陥らないためには、日頃から下記のような心構えをしておくことが大切です。

  • いざという時の備えをしておく
  • クレジットカードの枚数を限定する
  • 返済できる範囲でお金を借りる
  • 借金のための借金をしない


いざという時の備えをしておく
毎日の生活の中で一定の金額を貯金しておき、「いざっ!」という時の備えをしておくことが大切です。例えば、子供の養育費や老後の資金などに備えて貯金をしておきましょう。


クレジットカードの枚数を限定する
利用するクレジットカードの枚数を限定するようにしましょう。知らず知らずのうちにクレジットカードで買い物をして決済金額が不足してしまい、借金をするケースが多いです。そのため、2~3枚程度のクレジットカードを所有している場合でも利用するカードを限定して決済金額を簡単に把握しやすいようにしておくことが大切です。


返済できる範囲でお金を借りる
当然のことですが、お金を借りる際は返済できる範囲の金額に抑えるようにしてください。ローンを利用する前に金利や毎月の支払金額を把握することは大前提となります。


借金のための借金をしない
借金の返済のために他の借金をしないように気を付けましょう。返済に困った場合は弁護士や司法書士、法テラス(日本司法支援センター)、消費生活センター、自治体などに相談するようにしてください。





真面目な性格人ほど要注意です


借金をして期日までに返済できなかったり、クレジットカードを利用して決済金額を用意できなかったりした場合、真面目な正確な人ほど「借りたお金はちゃんと返さないと!」と考える傾向があります。

その結果、他の貸金業者から借金をしてまで返済をしてしまうケースが多々あります。

もちろん借りたお金を返さないといけませんが、他社に借金をしてまで返す必要はありません。

もし、期日までに返済することができないのであれば、契約している貸金業者に事情を説明して期日を延ばしてもらいましょう。

万が一、期日を延ばしてもらえないのであれば、弁護士や司法書士、法テラスなどで相談することをお勧めします。








Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー