過払い金請求

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » 過去に借入経験がある方は要チェック!過払い金返還請求で払い過ぎた利息を返してもらおう!

過去に借入経験がある方は要チェック!過払い金返還請求で払い過ぎた利息を返してもらおう!

Pocket
LINEで送る

最近何かと過払い金返還請求のCMをテレビやインターネットなどで見かけるようになりました。

過払い金とは、「消費者金融やクレジットカード会社に対して払い過ぎたお金」のことを意味します。

そして、この過払い金請求を活用することで、今まで払い過ぎた利息が戻ってくるケースがあるのです。



過払い金請求




利息制限法とは・・・


お金を貸す際には利息制限法という法律に基づいて利息が決定します。

利息制限法では、お金を貸す際には元本の金額に応じて下記のように利息の上限が設定されています。


<利息制限法の制限金利>

・元本が10万円未満の場合⇒年利20.0%

・元本が10万円以上100万円未満の場合⇒年利18.0%

・元本が100万円以上の場合⇒年利15.0%


つまり、この利息を上回る金利を設定してお金を貸すことを法的に禁止しています。





グレーゾーン金利がまかり通っていた


以前から利息制限法は存在していたのですが、同時に出資法という法律があり、その制限金利が29.2%に設定されていました。

その結果、双方の金利数値の違いを利用して、出資法の範囲内の金利で貸し付けをする業者が数多く存在していました。

主に、消費者金融やクレジットカード会社においてこのグレーゾーン金利の範囲内による貸し付けが実施されていました。

また、この出資法と利息制限法の間の金利を『グレーゾーン金利』と呼んでいました。

あなたも一度はグレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?





2010年に利息制限法へ一本化


2006年に最高裁で「グレーゾーン金利を認めない」という判決が下りました。

この最高裁の判決によって、2010年には貸金業法における上限金利が利息制限法に一本化されるという流れになったのです。

上限金利が利息制限法に一本化された結果、過払い金の請求をする利用者が増加してきました。

そのため、中小の消費者金融業者をはじめとした多くの企業が過払い金請求に対する支払いをすることができず倒産することになりました。





過払い金返還請求の対象者


過払い金が発生している方はどのくらい存在するのでしょうか?

それは2010年までに消費者金融やクレジットカードでキャッシング利用をした経験がある方々が対象となります。

具体的には、借入期間が5年以上で金利が18.0%を超えて利用していた場合は過払い金が発生している可能性が非常に高いと言えます。

また、下記にグレーゾーン金利で貸し付けをしていた企業を掲載しておくので、参考にしてみてください。


<消費者金融>
アコム、アイフル、プロミス、レイク、武富士、ノーローン、アプラス、アイク、ユニマットレディス、ゼロファーストなど


<クレジットカード>
オリエント信販、三洋信販(ポケットバンク)、セディナ、OMCカード、ニコスカード、オリコカード、エポスカード、クレディセゾン、ライフカード、イオンカード、ビューカード、UCカード、KCカードなど






メリット


過払い金返還請求を実施した際に得られるメリットは下記のとおりです。

  • 払い過ぎた利息が戻ってくる
  • ブラックリストに登録されない


払い過ぎた利息が戻ってくる
過払い金に該当する場合は、その払い過ぎた利息分が戻ってきます。もちろん戻ってきたお金はどのように活用しても構いません。


ブラックリストに登録されない
過払い金返還請求手続きを実施してもブラックリスト(信用情報機関)に登録されません。そのため、安心して手続きを実施することができます。





デメリット


一方で、過払い金返還請求を実施した際におけるデメリットも存在します。

  • 今後、過払い金請求をした企業からは借りられない
  • 個人で実施するのは難しい


今後、過払い金返還請求をした企業からは借りられない
過払い金請求手続きをした企業(消費者金融やクレジットカード会社など)からは今後二度と借入をすることはできなくなります。ですが、貸金業者やクレジットカード会社は日本国内に数多く存在するので、それほど負担となるデメリットではないと言えます。


個人で実施するのは難しい
過払い金請求の手続きは非常に複雑で法律の専門知識も必要となるので、素人であるあなた一人で手続きを実施することは困難です。一定の依頼費用はかかりますが、信頼できる弁護士や司法書士に依頼してください。





過払い金返還請求の期限


過払い金返還請求は、永久に実施できるわけではありません。請求手続きができる期限が設定されています。

請求手続きができる期限は『取引があった貸金業者との最終取引(完済日)から10年まで』となっています。

つまり、10年を過ぎると過払い金返還請求ができなくなってしまいます。





過払い金返還請求の流れ


法律事務所における基本的な過払い金返還請求の流れを紹介します。

1)問い合わせ
まずは過払い金返還請求を実施してもらう法律事務所を選んで問い合わせをしてください。電話やメールで受け付けているところが大半です。

2)面談
担当者に過払い金返還請求における詳細を伝える面談を実施します。過払い金請求が可能かどうかを判断してもらえます。

3)受任
過払い金返還請求が可能な場合は受任してもらえます。担当の弁護士や司法書士が対応してくれます。

4)解決
貸金業者に適切な手続きを実施して、払い過ぎた利息を入金して(返して)もらって解決となります。





過払い金の返還請求はあなたの正当な権利


過払い金の返還請求はあなたの正当な権利です。もし、このページを読んでいて思い当たる節があるなら、一度法律事務所に相談してみてください。

無料で相談に応じてもらえるところが大半なので、気軽に相談することができます。





Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー