破産管財人の役割と費用

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » 自己破産手続きでお世話になる破産管財人の役割と気になる費用とは?

自己破産手続きでお世話になる破産管財人の役割と気になる費用とは?

Pocket
LINEで送る

自己破産の申立てを行うと、裁判所から『破産管財人』が選任されることになります。

この『破産管財人』とは一体どのような役割を担う方々なのでしょうか?



破産管財人の役割




破産管財人とは・・・


破産管財人とは、破産手続において破産財団に属する財産を管理・処分・換価し、届出のあった債権について必要があれば異議を述べ、換価金を破産債権者に配当するなどの権利を有する者のことです。(破産法第2条第12項)

一般的には破産裁判所の管轄地域内で運営している法律事務所に所属する弁護士が選任されるケースが多いです。





破産管財人の主な役割


破産手続きは破産者が所有している財産を換価処分して、その財産を金銭に換えて各債権者(貸金業者やクレジットカード会社など)に対して弁済、または配当するという手続きとなっています。

そのため、まずは破産者の財産を換価処分する必要があります。そして事前に破産者の財産を調査して換価処分するまでに価値が減らないように管理しなければいけません。

これらの手続きを裁判所のみで実施するには困難で時間がかかってしまいます。

そこで破産裁判所が破産管財人を選定して、その人物に破産手続に関する破産財団の調査や管理・換価処分・弁済または配当等の手続きを任せることでスムーズに進めることが可能になります。

実際の破産手続きにおいても、破産手続きの遂行はこの任命された破産管財人によって進められます。








破産管財人の権限と義務


破産管財人は法的手続きが終了するまで、破産者の財産を管理する義務を負うことになります。

その破産者の財産を管理する過程において、必要であれば債権者に対して訴訟を提起したり、逆に債権者側から起こされた訴訟を受けたりするケースもあります。

裁判所や許可や指示を受ける必要がありますが、破産管財人の主な権限や下記のとおりとなっています。

1)不動産・船舶の任意売却

2)鉱業権、漁業権、特許権、意匠権、商標権、著作権・著作隣接権の任意売却

3)破産財団の事業譲渡、商品の一括売却

4)債権や有価証券の譲渡、動産の売却

5)破産者宛ての郵便物などの閲覧

6)破産財団に関する帳簿や書類、物件の検査






破産管財人に任命されるのは弁護士です


破産管財人に任命されるのは一般的に弁護士となっています。

自己破産手続きにおいては破産法の専門的な知識や実務経験が求められることが、弁護士が選任される主な要因と言われています。

法的には弁護士でなければいけないとは明記されてはいないのですが、破産管財人において弁護士以外の方が専任されたケースはありません。





破産管財人は裁判所の代理人的な立場


一見すると、破産管財人は破産者の味方であると思ってしまいますが、実はそうではありません。

破産管財人は債権者・破産者のどちらか一方に肩入れするという立場ではなく、両者の立場を考慮しながら公正中立に手続きを遂行すべき立場にあるということです。

つまり、破産管財人は裁判所の代理人的な立場にあると考えることが妥当だと言えます。





破産管財人の報酬


気になる破産管財人に対する報酬は破産者が全額負担することになります。

裁判所への予納金というかたちで破産管財人に報酬が支払われます。

一般的な破産管財事件では個人の場合で約50万円以上、法人の場合で約70万円以上が相場となっています。





少額管財事件


東京地方裁判所などでは、少額管財事件も取り扱っています。

少額管財事件とは、破産法の範囲内において手続きを簡素化することによって、従来の管財事件に関する手続きの手間や費用における負担を軽くすることが可能となっています。

通常の管財事件では予納金として最低50万円以上の金額が必要ですが、この少額管財事件ではその半額以下である20万円(個人の場合)で済ませることができるのが大きなメリットです。

少額管財事件として手続きを実施するためには、代理人である弁護士が申立てを行うことが条件となってきます。







Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー