クレジットカードの支払いが困難になった場合

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » 金銭感覚が麻痺!クレジットカードの支払いが困難になった場合は任意整理を検討しよう

金銭感覚が麻痺!クレジットカードの支払いが困難になった場合は任意整理を検討しよう

Pocket
LINEで送る

クレジットカードは日常生活において大変便利なツールで、一般の商品やサービスだけでなく公共料金の支払いなど、さまざまなシーンで利用することができます。

その反面、使い方を間違えると一気に借金地獄に陥ってしまう可能性もあります。



クレジットカードの支払いが困難になった場合





金銭感覚が麻痺する恐れがあります


クレジットカードは現金がなくても後日決済で物品を購入することができます。

つまり、現時点で現金がなくても利用可能額までは商品やサービスを購入することができるのです。

そのため、金銭感覚が次第に麻痺していき、『利用可能額=自分が利用できるお金』という錯覚が生じる可能性があります。

これがクレジットカードを利用して借金地獄に陥る大きな原因となっています。


※クレジットカードの支払いを延滞した方の体験談
⇒ お金を使い過ぎてクレジットカードの支払いができずに延滞してしまいました






支払い方法が選択できます


カードで決済をする際も一括払いと分割払いがあります。

一括払いであれば手数料が発生せずに一度に決済されるのでそれほど心配する必要はありません。

その一方で回数の多い分割払いだと手数料がかかるため、商品の代金以上のお金を支払う必要があります。一回の返済額が少ないため、元金が減るのに時間がかかります。

さらにはリボ払いに設定すると、返済額が一定になるため一回毎の返済負担は減りますが、元金が減る時間は相当かかります。


手数料自体も15%前後に設定している信販会社が多く、消費者金融のカードローン並みの水準で非常に返済負担が大きくなります。






複数のカードを利用している場合は要注意


また、一枚のクレジットカードを利用している場合は資金管理がしやすいのでそれほど心配することはありませんが、2枚以上のクレジットカードを利用している場合は注意してください。

複数のカードを管理するのは非常に難しく、現在どれくらいの金額を利用しているのかを把握し難くなってしまいます。

そのため、毎月のカード利用明細が届いてから、「こんなにも使っていたのか!」と驚くケースも多いです。





支払いが困難な場合は債務整理を検討しよう


クレジットカードの枚数が増えて支払いが追いつかなくなってくれば、債務整理を検討する必要も出てきます。

債務整理においては数種類あり、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産が存在します。

個人再生は自己破産のように借金の返済がゼロになるわけではないですが、返済額を大幅に減らすことができます。また、自己破産のように住宅は処分する必要はありません。しかし、住宅以外の大半の財産は処分する必要があります。

特定調停に関しては簡易裁判所に申し立てを行い、調停委員を仲裁役として債務者の経済的再生を支援する制度のことです。調停という形を取るため、貸主・借主双方の合意が必要となります。

自己破産は手続きにより免責を受けることができれば、返済する必要がなくなる一番強力な債務整理といえます。

その一方で不動産や車などの動産、一定金額以上の預貯金は処分する必要があり、債務整理の最終手段として位置付けられています。





任意整理利用する方が一番多いです


この債務整理の中でも任意整理を利用する方が一番多いです。

任意整理は自己破産や個人再生と異なり、裁判所は関与しない債務整理手続きとなります。

簡単に説明すると司法書士や弁護士が債権者と返済額や返済方法について交渉を行い、今よりも良い条件で返済を可能にする手続き方法です。

その際に利息制限法による引き直し計算を行い、払い過ぎている利息があれば元本に充当して借金を減らせる可能性があります。

不動産や動産の処分はしなくてよい手続きではありますが、双方間の交渉となるため、必ずしも借金の額を減らせる保証がない手続きでもあります。

それでも、裁判所が関与せず比較的自由度の高い手続きのため、利用するメリットは大きいです。

また、債権者と司法書士・弁護士が直接交渉するので手続きのスピードは比較的早いです。








債務整理の申立てをした場合はブラックリストに掲載されます


これらの手続きに共通するのは、債務整理の申立てをした場合は信用情報機関にあなたの情報が保存されてしまう(ブラックリストに掲載される)ため、最低5年間は新たな借入や新規でクレジットカードを作成することができないということです。

もしあなたが債務整理を検討する際には、一度自分の負債状況を整理してから弁護士や司法書士のなどの専門家に相談した方がよいでしょう。










Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー