ブラックリスト

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金問題の基礎知識 » ブラックリストに掲載されるとローンやクレジットカードを申し込むことができません

ブラックリストに掲載されるとローンやクレジットカードを申し込むことができません

Pocket
LINEで送る

カードローンやフリーローン、クレジットカードなどを利用していて毎月の返済が滞ると、『ブラックリスト』に掲載されると言われています。

しかし実際には『ブラックリスト』というリストは存在しません。

では、このブラックリストとは一体何なのでしょうか?



ブラックリスト





金融事故情報のことを『ブラック情報』と呼びます


各種のローンやクレジットカードを申し込む際に、あなたの情報が信用情報機関に登録されることになります。

一定期間、返済が滞ってしまったり、破産してしまった場合に、あなたの金融事故情報が信用情報機関に登録されることになります。

金融業界において、金融事故情報のことを『ブラック情報』と呼んでいます。

つまり、金融事故情報が信用情報機関に登録されるケースをブラックリストに掲載されると言っています。





信用情報機関とは・・・


現在、日本国内には、全国銀行個人信用情報センター(銀行系)、シー・アイ・シー(信販会社系)、日本信用情報機構(銀行・消費者金融系、信販会社系)の3つの機関が存在しています。

其々に特徴がありますが、大半の金融会社が複数の信用機関に登録しています。利用者の金融事故情報は登録された一つの信用情報機関だけで保有しているわけではありません。

また、過剰貸付防止などの目的で、信用情報機関同士が互いに提携してCRIN(Credit Information Network)と呼ばれる情報交流をしています。

そのため、あなたの金融事故情報は提携している信用情報機関同士で共有できる仕組みが構築されているのです。



日本信用情報機構
(日本信用情報機構の公式サイト)





ブラックリストに掲載されるケース


『信頼を著しく損ねる契約不履行があった場合』に信用情報機関に金融事故として登録される、いわゆる『ブラックリスト』に掲載されることになります。

『信頼を著しく損ねる契約不履行があった場合』とは、過去に3回以上返済が滞ってしまったり、長期の返済延滞、債務整理手続きを実施した場合が該当します。





ブラックリストに掲載される期間


ブラックリストに掲載されてしまうと、一定期間、各種ローンやクレジットカードを利用することができなくなります。

また、自己破産や任意整理、特定調停、個人再生などの債務整理手続きを実施した際にもブラックリストに掲載されることになります。

ブラックリストに掲載される期間は下記のとおりとなっています。

1)3ヶ月間支払い遅延が発生した場合⇒5年間

2)自己破産をした場合⇒5~10年間

3)任意整理を実施した場合⇒5年間

4)特定調停を実施した場合⇒5年間

5)個人再生を実施した場合⇒5~10年間









『借り回し』とみなされているケース


また、あなたの情報がブラックリストに掲載されていなくても、ローンやクレジットカードの申し込みが通らないケースがあります。

それは『借り回し』とみなされているケースです。

利用者が新規でローンやクレジットカードの申し込みをすると、そのローン会社や信販会社は審査を実施するために利用者の個人信用情報を閲覧して問題がないかどうかを確認します。

その閲覧情報は新しい記録として信用情報機関に登録されることになります。この申し込み情報は6ヶ月間登録されることになります。

つまり、短期間において複数のローンやクレジットカードの申し込みをしていることが確認されることで『借り回し』とみなされてしまい、申し込み審査に通り難くなることが多々あります。

『借り回し』とみなされる目安としては、1ヶ月の間に3つ以上の金融商品を申し込む場合です。

もちろん金融事故には該当しないのですが、通称『申し込みブラック』とも呼ばれていて、申し込み審査を通過し難くなるデメリットがあります。





あなた自身で確認することができます


「自分の情報が信用情報機関に掲載されているかどうかが気になる…」という方もいると思います。

各信用情報機関の本人開示制度によって、所定の手続きを実施すればあなたの情報を確認することができます。

信用情報機関の事務所に直接出向いて開示請求の申し込みをすれば直接見ることができます。また郵送でも確認することが可能です。

さらに信用情報機関によって手数料の有無や必要書類などに違いがあります。

詳しい手続き方法に関しては各信用情報機関の公式サイトにアクセスして確認してください。







Pocket
LINEで送る






借金問題に悩んでいるのなら、法律の専門家に相談してみませんか?

下記に紹介している法律事務所はどちらも全国対応可能で、無料で相談することができます。一人で悩んで辛い日々を過ごしているのなら、まずは気軽に相談してみてください^^

サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所

初期費用0円・分割払いにも対応可能

借金問題の相談料金は無料となっているだけでなく、初期費用も無料で設定されています。さらに依頼費用の分割払いにも対応してくれるので、安心して借金問題の相談を申し込むことができます。

東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所

親身になって対応してくれる債務整理の身近な窓口

東京ロータス法律事務所なら、あなたの借金の悩みを真っ正面から受け止めて、最適な解決方法を提案してくれます。初回相談無料・休日対応も可能となっているので気軽に相談してください。

サルート法律事務所

サルート法律事務所

取り立てや督促の即日対応が可能

弁護士法人サルート法律事務所では即日対応が可能となっています。現時点で貸金業者からの取り立てや督促に困っている場合はスピーディーに対応してもらえます。





 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー