借金返済

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~

借金に関するさまざまな悩みを解決するための最適な解決方法をアドバイスしています。

借金問題SOS!~あなたの借金返済の悩みを解決します~ » 借金返済に悩んでいるなら信頼できる法律事務所に相談しよう

借金返済に悩んでいるなら信頼できる法律事務所に相談しよう

Pocket
LINEで送る


「借金の金額が増え過ぎてしまい、完済することができなくなった・・・」「毎月の返済が無事にできるかどうか心配で寝つきが悪い」「一刻も早く闇金と手を切りたい」など、借金に関する切実な悩みを抱えている方は大勢います。

あなたもそのような悩みを抱えて毎日生活しているのではないでしょうか?



借金の悩み




多重債務の相談件数


多重債務の相談件数
出典:「多重債務の相談件数(国民生活センター)」



2014年度において国民生活センターに寄せられた多重債務の相談件数は30,923件にのぼります。

2013年度は32,192件、2012年度は38,637件と徐々に減少傾向にありますが、依然として30,000件以上の相談が集まっているのが現状です。





多重債務者の年収構成


多重債務者の年収構成

多重債務者の年収構成に関しては、年収0円⇒24%、年収100万円未満⇒8%、年収200万円未満⇒12%、年収300万円未満⇒15%、年収400万円未満⇒16%、年収500万円未満⇒11%、年収600万円未満⇒7%、年収700万円以上⇒7%となっています。


年収0円の多重債務者の割合が一番多いことは頷けますが、年収500万円を超える方々の中でも一定数の割合で多重債務者が存在しています。





借金の目的


借金の目的

目的別における内訳は生活費補填⇒37%、交際費⇒13%、物品購入⇒5%、ギャンブル⇒8%、自動車等購入⇒3%、旅行・レジャー⇒6%、事業資金⇒8%、教育費⇒2%、医療費⇒3%、住宅関連⇒2%、その他⇒13%となっています。


借入の目的としてはやはり「生活費補填」が37%を占めて一番多くなっています。

次いで交際費が13%、ギャンブルが8%、事業資金が8%と続いていく結果となりました。





借金の返済方法


借金を自分の力で返済することができなければ、法的手続きで解決することができます。

いわゆる『債務整理』という方法です。債務整理に関しては、具体的には自己破産や任意整理、特定調停、個人再生の4種類に分類されています。


自己破産
借金を返済するのが完全に不可能なケース場合に実施する法的手続きが自己破産です。債務整理の中でも最後の手段として選択されます。


任意整理
借金の支払い金額を減額してもらうことで返済が可能な場合に実施される手続きです。任意整理を実施する際には、債権者と返済計画に基づいた和解契約書を締結する必要があります。


特定調停
簡易裁判所に申し立てを行い、調停委員を仲裁役として債務者の経済的再生を支援する制度のことです。調停という形を取るため、貸主・借主双方の合意が必要となります。


個人再生
住宅ローン保有者が対象となる法的手続きで、自宅を処分しなくても手続きができる点が大きな特徴です。個人再生を利用するためには、将来に渡って一定水準の収入が見込めることが条件となります。





信頼できる法律事務所に相談しよう


上記で紹介した法的手続きを法律の素人であるあなた一人の力で実施するのはなかなか難しいです。

そのため、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

弁護士や司法書士があなたに代わって借入先(金融会社)との交渉や手続きを実施してもらうことができます。

また、弁護士や司法書士に依頼することによって『介入案件』となり、日々の督促電話からも解放されるメリットも存在します。

無料相談も受け付けている法律事務所も数多くあるので、法的手続きによって借金問題を解決したい方はぜひ利用してみて下さい^^







Pocket
LINEで送る

 

最近の投稿
カテゴリー